ペット火葬の参列者はどうやって決めればいいの?

ペット火葬の参列者はどうやって決めればいいの?

ペット火葬の参列者を決めるとき、どのような基準で選ぶべきか迷う人も多いのではないでしょうか。
基本的には、家族だけで行うのが一般的ではあるけれども、お散歩などで仲良くなった飼い主さんと交流があるとなったときなどは、そのような人にも声をかけるのもありです。
人間のお葬式とは異なり、ペット火葬の場合は身近にいるのが家族になるわけですから、ペットが生活していた家の中にいる家族が主な参列者であり、これに知人などを加えた形で行うのが普通です。
なお、ペット火葬ではあまり派手な色合いの洋服や装飾品を避けることがマナーになって来ますが、むしろ普段ペットと接することが多いのが自宅の中やお散歩のとき、このようなことからもペットと過ごしていたときに着ている普段着などでペット火葬に参列するので構いません。
もちろん、喪服を着て行くのもありなので家族間で話し合いを行ってどのような洋服にするのが決めておく、これもペットの供養の一つに繋がって来るのではないでしょうか。

ペット火葬を行う場合に設けられている制限とは

ペットは人間よりも寿命が短いこともあり、その死後を飼い主が看取ることが多くなっています。
ペットが死亡した場合は適切な対応が必要になり、遺体を私有地以外の場所に放置すると処罰の対象になってしまうでしょう。
この場合に私有地になる庭などを持っている人であればそこに土葬すれば問題はありませんが、賃貸物件に居住している場合はペット火葬を行って、自宅に遺骨を安置するという方法を行っている飼い主が多くなっています。
ペット火葬は専用の火葬場で焼却することになり、人間が使用する火葬場は利用できなくなっています。
これは差別しているというのではなく、人間用の焼却炉では加熱する温度が高すぎるため、動物を遺骨の状態にするのが難しいからです。
このペット火葬は動物専用の焼却炉を使っていますが、その使用には制限が課されています。
まず、体格が大きすぎると入らないので利用できませんし、小さすぎても完全に焼却してしまって遺骨が残らないので使えません。
一般的にはある程度の大きさがあって骨密度の高い犬や猫などが対象であり、爬虫類や魚類などは対象外になっているので注意が必要です。

著者:相馬亮

筆者プロフィール

兵庫県神戸市出身。地元でペット火葬業者を運営。最愛のペットとの突然のお別れで慌てないために、ペット火葬に関する記事を書いています。